上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
初めまして、もしくはお久しぶりです。kalです。

一応、プーチンPとともに今回の企画の発起人です。

とりあえず曲の提出が終わりましたので、今回のアルバムに収録される自分の曲について書きます。プーチンの動画のネタにばかりなっていますが、一応曲も作るんです、僕。

よく考えてみると、前回発表した曲は、昨年に「捻れたアヒル」というサークルで出したアルバム『アヒルホスピタル』に収録されたものが最後なので、約一年ぶりの新曲です。その間に色々研究、修行などは一切重ねていません。ごめんなさい。

さて、今回の企画では、それぞれが自分なりの解釈でテーマに基づき作詞・作曲をしているのですが、僕の曲(というか歌詞)はファンシーさんの視点から書かれているものになります。一応これも「キャラソン」になるのだろうか? とりあえず口調が女性です。ホントにこんな口調の女性は多分いませんがw

タイトルは “riddle girl” です。「なぞなぞ娘」(・・・これでもいいような気がしてきた)。

この企画を始める際に、プーチンPとスカイプチャットで「Miss ファンシーはMr マーマレードには馬鹿にされているけど、自分では自分の生き方を楽しんでいて、逆にマーマレードを馬鹿にしている」など、色々と設定に関することを話し合った(というかだいたいプーチンが考えたw)のですが、その際に彼が「要するにファンシーは○○○です」といったことが印象に残っていて(ひどい気がするので一応伏せる)、それをかなり文字通りに捉えつつも、ただそれだけではなくて、そこに0310さんのイラストの、ちょっと儚そうな雰囲気を同等くらいにプラスした結果が、僕の中のファンシーさんです。補正がかかって良かったです。

そのファンシーさんとマーマレードくんの関係の表現の仕方については、ファンシーが相手をdisるというよりは、彼と自分を比較して、半ば自己肯定しつつ自己弁護しているような、そんな態度を書いたつもり・・・なのですが、聴いていただく方にはどう解釈してもらっても構いません。ただ、この二人はいろいろな意味でお互いにかなり近くにいる関係、という設定です。

(いつも通り)どちらかといえば音の響き重視で歌詞を書いてしまったので、そんなにストレートに分かりやすくないかもです。読み方によっては二人のどちらを指しているか、解釈が二重になってしまうところがあったりもします。ファンシーが自分で自分のことをいっているようにも、マーマレードについて言っているようにもなるかもしれないです。それはそうしているので、どっちもアリです。

加えて、今回はサブテーマというか、モチーフというのか、よく知りませんが、『不思議の国のアリス』からもイメージをちょっと(大分?)借りてきています。「マーマレード」という言葉を一応歌詞の中で頑張って使ってみたのですが、これは第一章で穴に落ちる場面を、タイトルにも使っている「なぞなぞ」やその他一部に関しては、第七章の例の帽子屋さんあたりをリンクさせています。

こんなに歌詞について書いたことは初めてですが、いいのかな。

音の話をしていませんが、長くなったのでw 以上です。 

他のメンバーもこれから書くはずなのでお楽しみに!

あ、それと9月5日のボカファン当日は行く予定です。よろしくお願いします。
スポンサーサイト
2010.08.15 | kal | Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。